長野県松本市・安曇野市・塩尻市・大町市・伊那市 空手道場 ー総合格闘技 空手道禅道会 松本支部ー

日本武道の歴史と空手道

2009年02月18日

日本に武道という文化が成立したのは意外に新しく、その姿が確立されたのは江戸時代に入ってからである。

それ以前は『武』は『道』ではなく、人を殺すための『術』であり、立身出世のための『芸』であった。しかし戦国時代の後期、長槍などの集団戦術の成熟、鉄砲の流布によって個人の武術の技量が戦争の帰趨を決定することはほとんどなくなり、さらに江戸時代に入って戦争そのものがなくなると、武術は仏教の法(思想)、儒教の礼(倫理観)という古来の精神文化と融合し武士階級の教養の一つとして確立した。

剣術を中心に熟成された武道は明治期に入り、武士社会が崩壊すると日本国民の民族文化として急速に普及した。同時に剣道、柔道、弓道と武術のジャンルを表す言葉の後に『道』という文字をあてはめることによって、より精神性を前面に打ち出すと共に、西洋スポーツの要素を取り入れ現代に通じる武道競技として確立した。

 剣道や柔道が明治期に確立したのに対し、空手は昭和に入ってから広まった武道である。空手は日本の武道の一つではあるが、元を正せば琉球民族固有の武道であった。そのため本土に伝わった際に誤伝、失伝も多く、それが、その後の空手界に混乱を招くきっかけとなったのは間違いないであろう。

嘗て大学を中心に広まった空手は、その技術的理解が不十分のまま競技化を焦り、剣道を模擬した競技ルールを採用した。いわゆる寸止めルールの誕生である。

しかし「実際の格闘能力がともなわない空手は武道ではない」とするフルコンタクト空手の登場は曖昧な「伝統」と称されるものに別れを告げ、武道であると共に格闘技としての能力、技術模索する時代へと移行していくのである。

 他の格闘技が一度定まったルールに従って進化していくのに対し、新流派が誕生する度に新しい形態を生み出していく空手は、常に究極の実践形態を追及している存在なのだ。

 現在の格闘技界の流れにおける究極点が総合格闘技である以上、それに順応し対抗しうる空手が登場することは必然であり、そうして誕生したのが空手道禅道会である。

こちらにも詳しく載ってますので御覧下さい。↓

禅道会高崎道場HP
http://zen-takasaki.com/index.php?%E6%AD%A6%E9%81%93%E7%A9%BA%E6%89%8B%E3%81%A8%E3%81%AF
【空手道禅道会について>禅道会とはの最新記事】
posted by 松本支部長 at 16:12 | 空手道禅道会について>禅道会とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このページの先頭へ

Copyright 2010 Zendoukai Matsumoto All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。